=カリキュラム=

ヒトタビHYOGOでは、オンライン上の座学のほか、現地を訪問し探求するフィールドワークや参加者とともに構想を練るワークショップが一連となった、着地型観光プランの構想プログラムを実施します。

約80名の参加者が、共に学び、模索し、議論し合いながら、チームによる観光プランの企画提案まで行う、能動的な参加プログラムです。

 

選べる2コース

 

eラーニング、オンライン研修、現地フィールドワーク、ワークショップ、成果発表会の全プログラムに参加する基本コース

 

eラーニングとオンライン研修(第一回)のオンラインプログラムのみに参加する簡易コース
※成果発表会に観客として会場参加可能


eラーニング

オンライン研修の前に、ガイドとしての基礎知識やツアー造成のポイントなどをeラーニング研修として受講。

■日程:10月13日(火)〜28日(水)
■方法:順に公開される動画を視聴
■料金:無料



オンライン研修

「着地型の観光とは。新しい観光ガイド・観光のあり方とは」など、多様なテーマについて学ぶ2日間のオンライン研修です。

Zoom を活用してチームに分かれた意見交換も行います。

 

■日程:10月30日(金)、31日(土)
■方法:Zoomによるオンライン学習
■料金:無料

  ※オンラインコースは10/30のみ



現地フィールドワーク

テーマ地域である丹波篠山市・宝塚市・たつの市の中から指定された地域を1泊2日で訪れ、地元の観光従事者と直接コミュニケーションを取りながら、現地の魅力やストーリーを発掘します。

 

■日程:11月の土日【1泊2日】
    ※各自1地域に参加
    ※訪問先は事務局が決定
■方法:観光地を取材しながら研修、現地でのミーティングもあり
■料金:最寄駅までの交通費、宿泊費、食費は自己負担



現地ワークショップ

フィールドワークを経て、各チームで着地型観光プランを検討した後、再度担当地域を訪問します。実際にメンバー間でガイドをし合い、講師によるアドバイスも受けながら、観光プランをさらにブラッシュアップします。

■日程: 2021年1月【日帰り】
    ※各自フィールドワークを行った地域に参加
■方法:観光地を舞台に模擬ガイド実演
■料金:最寄駅までの交通費、食費は自己負担



オンラインコミュニティ

プログラム実施期間中、オンライン上の積極的なコミュニケーションも大切にします。チームごとにFacebookグループを開設し、情報交換やアイデア投稿など、講師陣も交えながら参加者同士の親睦を深めていきます。

 

■ Facebookアカウントが必要です。



成果発表会

プログラムの最後には、神戸市内で「成果発表会」を行います。観光業界関係者を招き、優秀チームによるプレゼンテーションを実施します。参加者全員に修了証書の授与も行います。

■日程:2021年2月20日(土)
■会場:みなと銀行 大森・みなとビル6階セミナーホール

    神戸市中央区多聞通2-1-2

    JR神戸駅北200m、国道28号沿い北側

※駐車場は併設しておりませんので、公共交通機関をご利用ください。

 

 ※オンラインコースは観客として会場参加

 

 




=講師=

川村 達哉

㈱ノットワールド 関西責任者


兵庫県神戸市生まれ、神戸市育ち。大阪芸術大学建築学科卒業。神戸のデザイン事務所に勤務し住宅や店舗設計に従事。その後、世界一周の旅を始めて2年間で55ヶ国を訪問。自転車でヨーロッパ横断達成。帰国後、代表の佐々木と河野に誘われノットワールドに参画。京都支部を立ち上げ、これまでツアー造成やガイド育成に携わる。

2020年にはJapanWonderGuide事業部の責任者として事業立ち上げに従事。

 

佐々木 文人

㈱ノットワールド 代表取締役

愛媛県松山市生まれ、神奈川県横浜市育ち。駒場東邦中・高等学校、東京大学経済学部卒業後、株式会社損害保険ジャパンを経てボストン・コンサルティング・グループへ。在職中、新規事業開発・営業改革のプロジェクトに従事。企業の売上拡大・業務効率化に貢献。結婚後退職、1年間の世界一周新婚旅行を経て起業。現職。

通訳案内士、総合旅行業務取扱管理者。

 

江藤 誠晃

ひょうご観光本部 ツーリズムプロデューサー

 

兵庫県神戸市生まれ、神戸市育ち。関西学院大学経済学部卒業。出版社勤務を経て観光マーケティング事業社を起業。国内外各地の観光地活性化策を手がける他、旅行作家として様々なコンテンツを発表。近年は「観光甲子園」をはじめとする観光人材育成事業に注力し、2020年4月からひょうご観光本部のツーリズムプロデューサーも兼任しDMOのマーケティングプロジェクトを推進。